スキンケア

日焼け止めは「二度塗り」「スポンジ使い」がベスト

今回は、日焼け止めの塗り方について♪

紫外線は肌老化の8割を占めるとも言われてます。

私自身、小学生の頃は色が黒いフィリピン人で美人の友達に憧れて肌を焼きまくり、大学でも「海の女風」の風貌を目指してテニスサークルで焼きまくり…本当に後悔しています(笑)

そんな私ですが、効果的な日焼け止めの塗り方を調べてみました。

日焼け止めは2時間に1回?

「2時間に1回塗るべし」というのはよく聞きますよね。

「いや、本当かよ」と思っていたのですがどうやら本当らしい。

朝に塗った日焼け止めは、時間の経過とともに汗や皮脂でまばらになって、日焼けすることで肌に色ムラができてしまう…。

肌のトーンを統一に保っていくためにも2時間に1回は理想的な頻度。

とはいえ、メイクしちゃったらいちいち塗りなおすのは難しいんですよね

…それが悩みでもあります。

ティースプーン1/3くらいの量

ついついケチってしまう日焼け止め。(私だけ?)

ティースプーン1/3くらいが適量ですので、全顔にまんべんなく塗布しましょう!

グラムにすると0.6~0.8ℊ。(顔の大きさによって異なる)

友利新さんのYouTubeチャンネルで適量がどれくらいか?というのがわかりやすく解説されています!

6:40~あたりから。

朝は二度塗りがおすすめ

「死ぬまで若いは武器になる 不老長寿メソッド」によると、

朝は、時間をおいて二度塗りするのが良いそう。

やっていますか???

私はやったことなかったです。

アイコン名を入力

実際にやってみると、二度塗りすることでやはりまんべんなく塗れた感じがあります!

ここで注意なのが、2度塗りは同じ日焼け止めを使用すること。
複数の成分を使うと、お互い効果を打ち消し合うこともあるそうなので、同じものを使いましょう!!

友利新さんはスポンジ推奨

女医の友利新さんはYouTubeチャンネルで「スポンジ」を使うことをおすすめされていました。

その理由は、日焼け止めが顔の外側にたまってしまうから

たしかに、内側から外側に伸ばすことが多いリキッドは知らぬ間に顔の淵に追いやられてしまっている。。。

これは納得。

「二度塗り」&「スポンジ使い」の二刀流をお実践中

私の場合は、

1回目は手で塗り、2回目にスポンジで仕上げるという二刀流(笑)を実践しています。

スポンジだけだとちょっと不安感もあったので(笑)

今回の参考文献