カロリーの「量」ではなく「質」にこだわる

カロリーの「量」ではなく「質」にこだわる

世の中では、カロリー制限、カロリー0などの言葉が多く使われていますが、カロリーの量を気にすることは本質的ではない。

脂肪も糖質も炭水化物もたんぱく質も、すべて人間にとって必要な栄養素であり、過剰になるのはだめだけれど「0」にすればいいものでもないんですよね。

私も、つい最近までこの感覚が欠落していて、

「とにかくカロリーオフ!」

「炭水化物を摂らないのが正義!」と思っていたことがあります。

こんなことを長期的にしていたら肌も髪もボロボロになってしまいますね(汗)

少しでも質の高い食事を心掛ける


これが最強の健康法、アンチエイジング法

私の愛読書「死ぬまで若いは武器になる 不老長寿メソッド」ではこのカロリーの質について詳しく書かれています。

カロリーの質を高めるには?

アンチエイジング、健康のためにはカロリーの質」が重要というのがわかりました。

実際に、それを実践するためには??

加工食品やジャンクフードを減らして野菜をたくさん食べ、上等な肉や魚を摂る

簡単に言うとこういう事なのだそう。

ひとみ

当たり前といえば超当たり前なんだよね~

でも、日々それをどれだけ意識できているか?実行できているか?

すぐに実践していくことが大切!ということで、取り入れやすい食材を見てみましょう!

カロリーの「質」が高い食材

カロリーの「質」が高い食材をピックアップ!

◆1位 緑の野菜

◆2位 肉、魚、卵

◆3位 フルーツ、サツマイモやカボチャ

やはり、野菜は重要なのだそう。

2017年にハーバード大学やロンドン大学が行った研究では、野菜の摂取量を1日200ℊ増やすごとに死亡率が10%減少。

その効果は、800ℊまで最大化!!

アイコン名を入力

野菜は1日800ℊまでなら食べて損はない♪ということだね

特に、「生でも食べられる緑の野菜はカロリーの質が高い」と覚えておくといいと書かれています。

ほうれん草、ブロッコリー、モロヘイヤ、ケール。小松菜など。

カロリーの質が高いたんぱく質

たんぱく質は、細胞やDNAの修復に欠かせないアンチエイジングに関係の深い栄養素なのです!

これも意識しないと不足しがち…

ですので、やはり「質」を重視することが大切ですね!

カロリーの質が高いたんぱく質

◆1位 卵白

◆2位 鶏むね肉

◆3位 魚介類(タラ、カジキ、キスなどが特におすすめ)

◆4位 カッテージチーズ(低温加工推奨)


卵白は、特によくおすすめされますね。

1日たまごを5個食べるという中山きんに君も、「白身が殻に持っていかれたときのショックはすごい。だって卵白の栄養価は高いんだもの」みたいなことを言っていたw

卵は栄養価が高く、取り入れやすくてコスパも良い、最強食材!

カロリーの質が高い脂質

◆高脂肪な魚(サバ、サーモン、イワシ、マグロ、シラス)

◆アボカド

◆ダークチョコレート

◆卵

◆ナッツ類全般

◆カカオ

特にこれらの魚介類の人体の若返り効果は大きく、サーモン、ニシン、サバを週に1~2回食べる人は心臓病のリスクが36%減少したそう。

サーモン、サバあたりって、魚の中でもかなり使いやすいですよね!

女医の友利新さんも週に1回「サーモンの日」を決めているそうですよ♪

カロリーの「質」を意識

食に関しては、完璧にするのは不可能に近い…と思いつつ、習慣の力はすごく偉大だと思うので、ちょっとずつ質を加えていくのがいいのかなと思っています♪

カロリーの「質」を意識してみましょう!

今回の参考文献